Menu

よくあるご質問

Home

治療に関する、よくあるご質問

鍼の刺激がほとんどないのに、とても心地よい治療なのはなぜでしょうか?

⇒治療の流れはこちらをご覧下さい

はじめて鍼灸を受けられる患者さんで、はじめは恐がられる方もおられますが、
そのような場合でもすぐに安心され、中には寝てしまう方も・・。
そのワケは・・

当院でおこなっている手技としては、おもにこのようなものがあります。

・皮膚鍼
鍼を皮膚に滑らせる手技(刺さないので痛みはなく、むしろ気持ちよいです)によって、
皮膚面の緊張を緩めたり、気のめぐりを良くしていきます。

・散鍼
筋肉の緊張をゆるめたり、気のめぐりを良くする効果のある手技です。
髪の毛ほどの細い(わずか0.16ミリ!)のハリをたわませたりはずませたりする、
見た目にも華麗で、ソフトな刺激です。

・接触鍼(根本治療などに使います)
ツボの浅い部分に対して鍼を接触させ、そこから気を注ぎこみます。
使用する鍼もとても細いので、「鍼されている感じがしない」と患者さんからよく言われます。

・本治法
手足のツボに対して、鍼を接触させるなどの手技で、
気を調整し、全身を巡る脈を使って免疫力・自然治癒力を
強化する「根本治療」です。
経絡治療の最も中心となる気功整体治療法です。

→ブログで写真付きで解説しています

お灸ではこのようなやり方をしています。

・ゴマ灸(透熱灸)
ゴマ粒ほどの小さいモグサをツボに据えていきます。
昔から灸は気がよく集まるといわれています。

・八分灸
熱さが苦手な方や、皮膚の状態に合わせて途中でモグサの火を消してしまいます。
わずかな刺激ですが、効果は充分にあります。(※当院ではこのお灸がよく使われます)

・温灸
温熱刺激のみで充分な効果がある部位には、せんねん灸を使用しています。(※お子様用の刺激の少ないせんねん灸も用意しています。)

・ビワ温灸
ビワエキスをツボや患部に浸透させ、免疫機能を回復させる 古来から伝わるお灸の治療方法です。
火を使わない電気式なので、ソフトで安全です。

どんな症状に鍼灸が効くのでしょうか?

はりきいち鍼灸院の鍼急治療は全身の陰陽バランスを整えるもので、
どのような症状にでも治療をおこなうことができます。

例としては、
内科疾患(胃腸炎・潰瘍・心臓・肝臓・腎臓・膀胱疾患など)
呼吸器・アレルギー性疾患(カゼ・気管支・肺炎・花粉症・喘息・アトピー性皮膚炎など)
婦人科疾患(不妊症・安産灸・月経困難症・むくみ・冷え性など)
外科疾患(五十肩・腰痛・神経痛・むち打ち症・手足のしびれなど)

といった症状に、鍼灸は良く効きます。
また、西洋医学的に病名のはっきりしないもの
(からだがだるい・食欲不振・耳鳴り・片頭痛・ 頭がぼうっとするなど)
にも効果があります。

→症状別治療法のページはこちら
→症例ページはこちら

はり・きゅうは痛くないの?

はりきいち鍼灸院の治療は刺激が非常に少なく「はりを刺されているかどうか、
よくわからない」ともよく言われます。
それでも強力な高い治療効果を発揮しています。

それは、全身の陰陽バランスを整え、「気・血・水」と「経絡の流れ」をよくする治療をおこなっているから。
これらは、西洋医学的な刺激効果による観点では、理解しにくいかもしれません。

日本の伝統医学である鍼灸術の
技術と学術と感性を日頃の修練によって磨いている
鍼灸師のまごころのこもった手技によってもたらされるのです。
ただし、病気によっては、「押さえて痛いツボ」にハリやお灸をおこなうと、
刺激を感じる場合もありますが、これは「ツボが痛い」ということです。

しかし、弱っている体に無理に刺激を与える治療は
おこなっておりませんのでご安心ください。

マッサージはやってませんか?

はりきいち鍼灸院ではマッサージ治療はおこなっておりません。

はりきいち鍼灸院のはりきゅう治療は、
・マッサージでは得られない高い治療効果と心地よさがある。
・刺激の少ない治療であるため、マッサージがカラダに負担をかける恐れがある。
・マッサージに代わる手技を鍼灸でおこなっている。

以上の理由のため、マッサージ治療はおこなっておりません。
あらかじめご了承ください。

はり・きゅうでの保険治療はやってませんか?

はりきいち鍼灸院では保険の取扱いはおこなっておりません。

保険治療では医師の同意書に基づく疾患というのが決められています。
具体的な疾患としては、五十肩・頚腕症候群・リウマチ・腰痛症・神経痛など。
これらの病名に対しての「保険治療」の場合、痛みのある部位の筋肉や皮膚にのみ
ハリを直接打ち込む、いわゆる「局所治療」が要求されています。

こうした治療方法は、一時的に良くなっても、しばらくすると、
また痛みが再発する可能性があるのです。

例えば腰痛の場合、腹筋の弱り・肝腎機能の低下・足腰の冷えなどから
発症している場合には、
それらの改善も必要となります。
はりきいち鍼灸院は、痛みを根本から治療する「根本治療」として、
五臓六腑の気の調整や骨盤調整などをおこなっています。
こうした治療方法は、保険取扱いの範囲を超えたものであるため、
はりきいち鍼灸院では保険の取扱いはおこなっておりません。
あらかじめご了承ください。

~自然治癒力を高める鍼灸治療~

〒569-0814大阪府高槻市富田町 1-11-12
休診日:日曜・祝日
※学会研修・往診などの理由により平日でも お休みさせていただく場合があります。
よくあるご質問
はりきいちの道のり

〒569-0814大阪府高槻市富田町 1-11-12
休診日:日曜・祝日
※学会研修・往診などの理由により平日でもお休みさせていただく場合があります。

※JR摂津富田駅/阪急富田駅
  それぞれ徒歩2分
※富田商店街からすぐ